• en
    • ja
    • ko

Something Borrowed -借りたもの

Something Borrowed -借りたもの

Something Borrowed -借りたもの 1499 999 Zita Elze Flowers

私は日ごろより「取り込まれた風景からの着想」、つまり草花たちを元々そこにある背景に溶け込ませていくというアイデアにとても愛着を持ってきました。

Zita Elze Japan 2019 42_l

長崎ハウステンボスで2019年10月に開催された「世界フラワーガーデンショー」での私のデザインは、思い描く至高のウェディングを具現化できるよう、展示会場となったチャペルの内装をふんだんに取り入れることで、新しい解釈として表現しました。

Zita Elze Japan 2019 49_l

チャペルの窓の繊細な装飾を新たに思い描き、造築物の細部を描写してみたくなりました。私は、反射する素材の中に空間の詩を再現し、私の特技であるフローラル・エンブロイダリー(生花の刺しゅう)を用いた奥深く心揺さぶる装飾物を加えることを目指しました。

Zita Elze Japan 2019 19_l

イメージを完成させるため、沢山の緑と花でうめつくされた祭壇へと通ずる、夢と見まがうようなバージンロードを創りました。私の今回の着想(構想)は、ロンドンを拠点にするオートクチュールデザイナー、Louise Selbyによるエレガントなドレスに生花を飾り付けてあつらえたフローラル・エンブロイダリーのドレスを際立たせることにもなりました。

Zita Elze Japan 2019 38_l

花は東京の大田市場でも仕入れましたが、多くは近隣の福岡の花市場で買い付けてきたものです。嬉しいことに、前日に山から採取した素晴らしい花材を売っている感じのよい女性のお店に行き着きました。私は、彼女が見つけてきた宝石のように美しい花々をこれまで見たことがありませんでした。

Zita Elze Japan 2019 10_l

現場のインストレーションには1週間かかり、出来栄えは思い描いた通りになりました。澄み渡った穏やかで心を奪われる程の静けさのある風景が、そこにありました。訪れる人々は新しくて特別な空気を感じ取り、チャペルに足を踏み入れた瞬間に静寂に包まれたように見えました。

Zita Elze Japan 2019 51_l

本作品のコンセプトは大量の花を使うことではなく、実際使ったのは特別高価なものでもありません。そこにあるインテリアの空間をデザインに落とし込むことを考えていました。出来上がってみると、チャペルの構造は気にならなくなり、無くてはならないものとして溶け込み、それこそが私の意図するところでした。元々そこにあったものと新たに加えられたものとの境はもうぼんやりとしています。全ての要素が一つに混ざり極めて調和のとれた空間を生み出した、と私は感じました。このことは来場者が現実を受け止め、その現実と私が想像したものとを区別するのに少しの時間がかかった様子からも確かなように思われます。

Zita Elze Japan 2019 119_l

ここに私の過去の生徒を含む素晴らしいチームに大いに感謝します。また一緒に仕事する機会に恵まれて嬉しかったです。: @mayuna_des, @voilaflower, @kimichan8 and @mskyoko

Zita Elze Japan 2019 63_lPhotography © Ukawa Photo & Design

Zita Elze Japan 2019 60_lZita Elze Japan 2019 97_lZita Elze Japan 2019 55_lZita Elze Japan 2019 94_lZita Elze Japan 2019 107_lZita Elze Japan 2019 40_lZita Elze Japan 2019 48_lZita Elze Japan 2019 101-lZita Elze Japan 2019 196_lZita Elze Japan 2019 105_lZita Elze Japan 2019 203_lZita Elze Japan 2019 140_lZita Elze Japan 2019 92_lZita Elze Japan 2019 106_lZita Elze Japan 2019 238_lZita Elze Japan 2019 43_l